読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぎ子のブログ

congzi's blog

世界遺産リスト⑦ 天地の中心 登封の歴史建造物群~少林寺~ (10/5)

旅行2日目は洛陽&少林寺です。

我の知識が古くて対応できてませんでしたが、少林寺のエリアの建造物は、2010年に世界遺産に登録されているということ!やったー、これで世界遺産を2か所見られることに!!

 

まずは、洛陽で1スポット見学。後漢の時代(68年)に建造された、中国最古の仏教寺院である白馬寺です。

f:id:s_iidada:20121005094437j:plain

名前の通り、馬がいます。寺の名前は、昔、インドから二人の僧侶が白い馬に経文を積んでこの地にやってきたことに由来するそうです。

f:id:s_iidada:20121005095044j:plain

これ、牡丹の花型の蝋燭です。お供えでたくさん置いてありました。面白いでしょ。

洛陽を代表するものといえば、この牡丹なのです。古くから多くの国の都だった洛陽には、富裕層が住み、庭園をもつ家が多かったそう。その庭園で牡丹がたくさん育てられたのですね。春には大々的な牡丹祭りがあるそう。

f:id:s_iidada:20121005102809j:plain

さて、白馬寺のシンボルが高さ25m、1175年建築のこの斉雲塔。

シンボルといいつつ、山門から外れた、緑のうっそうとした場所にあったため、探すのに一苦労しました。

 

その他、面白かったもの。(左)飴細工屋さん。美味! (右)スタイリッシュゴミ箱

f:id:s_iidada:20121005105059j:plain f:id:s_iidada:20121005100027j:plain

 

さぁ、ここから少林寺まで約1.5時間車で移動します。こんな道をハイスピードで駆け抜けました。ひぃ。

f:id:s_iidada:20121005114711j:plain

 

着きました☆少林寺なり!

f:id:s_iidada:20121005115832j:plain

少林拳ポーズで記念撮影です。山の上なので少し肌寒い。

インドから中国に渡来した達磨による、禅宗発祥の地、少林寺。というよりは、やはり少林武術発祥の地として有名ですね。少林寺の僧たちは、唐の李世民の天下統一を、その武術で助け、少林拳を天下に知らしめたのです。それにしても、意外だったのは、達磨=でっぷり座っているイメージが、あの激しい少林拳の開祖ということ…本当かなぁ。なんか結びつかないけどね。

f:id:s_iidada:20121005120115j:plain

江沢民も、少林寺を人類の遺産として認めていたみたいですねぇ。

さて、少林寺は嵩山の中にあり、敷地内はとても広いです。みんな見どころをバスや電気カートで移動します。まずは、バスで山奥の塔林へ。

f:id:s_iidada:20121005122246j:plain

塔林は、少林寺の歴代僧侶の墓地です。塔が林のように並んでいるから、塔林。

f:id:s_iidada:20121005122648j:plain

唐~清までの間、レンガでできた塔が240ほどあるそう。古代レンガ建築と、彫刻の研究資料としての価値もものすごく高いようです。お墓には見えませんね。

 

さて、ここから少林寺の山、嵩山そのものに登ってみることに!

本当は達磨洞という、達磨が9年間こもったという場所に行きたかったんだけど、山道徒歩3時間だよ、と言われ諦めました。嵩山に登るのには、ケーブルカーがあるので楽ちんというわけ。でも、このケーブルカー、ちょっと勇気がない人は怖いかもね。

f:id:s_iidada:20121005124937j:plain込んでたので並ぶこと1時間。

 

出発進行~ ひゃっほーい

f:id:s_iidada:20121005140735j:plain

 

着くとこんな感じで、山の斜面に道が作ってあります。

f:id:s_iidada:20121005142348j:plain f:id:s_iidada:20121005142403j:plain

絶景ですな! 空気も美味しい! 

f:id:s_iidada:20121005142841j:plainでも足は時々すくむ。

 

f:id:s_iidada:20121005143036j:plain登頂記念☆

 

帰りも並ぶと肝心の少林寺を見学できないかも、と思い、吊り橋まではいかずに戻りました。戻ったらケーブルカーにはまだ列が。

f:id:s_iidada:20121005154910j:plain

ちなみに、ケーブルカー乗り場の面白かった標識。

f:id:s_iidada:20121005153106j:plain日本語が謎。

 

さて、ついに少林寺へ。といっても、別に少林拳のお坊さんがウロウロ、というようなこともなく、普通に禅宗のお寺です。

f:id:s_iidada:20121005161212j:plain

中も普通のお寺ですが、奥の方の千物殿というところの床は、修行により凹んだという穴が。武僧脚坑というそうよ。本当か!?という気もするけど、記念に。

f:id:s_iidada:20121005162816j:plain

 

残念ながら、少林拳の実演はこれまた列がすごくて、見る時間なくて諦めました。なぜスッパリ諦められたかというと、夜に禅宗少林・音楽大典」というのを見に行く予約をしていたから!

これは、嵩山を舞台にした、山の中で行われる武術ショーです!

早目に会場に移動して、上着も借りてスタンバイ!

f:id:s_iidada:20121005195211j:plain

こんな感じ。この上着、1着15元(200円弱)で借りられる。まあ綺麗かどうかは別にして、あったかいアルヨ。

f:id:s_iidada:20121005200630j:plain

会場は指定席です、続々と人が集まってきますねえ。

ところで舞台の説明と入れ替わりに、突如こんなものが映し出されました。

f:id:s_iidada:20121005203125j:plain

隣に座ってた中国人も「あれ~?なんじゃありゃ。」と言ってました。が、観光地にはいたるところにこの垂れ幕が下がっていましたよ。。。

さて、気を取り直して武術ショーはというと!

f:id:s_iidada:20121005212049j:plain

じゃーん。音楽と一緒に、次から次に人が出てくるわ歌うわ踊るわ、とても華やかな大がかりなショーです。山の上のほうとか、人が飛んでたり、すごいです。

f:id:s_iidada:20121005214440j:plain

ちびっこ修行僧たちの少林拳なんかもあって、とてもにぎやかで面白かった!

ドライバーさんいわく、500人以上は出演しているらしい。

スケール大きいね!チャイナ!!

 

翌日に続く…