読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぎ子のブログ

congzi's blog

世界遺産リスト⑨ 周口店猿人遺址博物館

北京の世界遺産も残り2つ。そのうちの1つである、北京原人の頭蓋骨の化石が発見された場所にやってまいりました。

その歴史的発見の意義の大きさから、中国では最初の世界文化遺産だそうです。うっほっほ。

f:id:s_iidada:20121118103804j:plain

入口。世界遺産のマークが下にうっすら?

中に入ると、洞窟がいくつかあって、その先に博物館があります。

 

入口ほど近くにハイエナの銅像がありました。洞窟の層からは、ハイエナの糞がたくさん発見されたそうだ。怖いですねぇ。

f:id:s_iidada:20121118104323j:plain

でも北京原人たちは既に火を使いこなしていましたからね。きっと火で追い払ったりしてたのだろうと思われる。うほほっ!

f:id:s_iidada:20121118104625j:plain

 

さぁ、一番有名な猿人洞へおりていきます。

f:id:s_iidada:20121118104914j:plain下る階段。

つきました!50万年~20万年前、ここで北京原人たちが生活していたのです!!

f:id:s_iidada:20121118105201j:plain

中国人考古学者、裴文中が頭蓋骨を発見した場所なり。よくぞ見つけましたね。この辺が化石の残りやすい石灰質の岩盤だったこともラッキーだったみたい。

一部の洞窟は、掘っているうちに洞窟が崩れてなくなったそうです。特に何があるというわけではないのですが、個人的にかなりヒットな場所でした。

 

では、博物館に向かいましょう。

f:id:s_iidada:20121118110036j:plain

で~ん、階段を上っていくと、徐々に穏やかな表情の北京原人が出迎えてくれます。

ここの博物館は、なかなかきちんと整備されていて、見ごたえがありました。

f:id:s_iidada:20121118112140j:plain

骨のレプリカなんぞもずらりと並んでおります(真ん中が北京原人)。なぜレプリカなのか。そこにはまた日本の絡む歴史があります。盧溝橋事件後、日本による接収を恐れた学者が、骨をアメリカに送ろうとして、その途中でどこかへなくなってしまったそうです。残念ですね。

f:id:s_iidada:20121118111910j:plain狩りから帰った原人。

落とし穴を作ったり、かなり知恵を絞った狩りをしていたようです。

博物館では、人類の脳の発達の歴史なんかもまとめられていて、映像紹介も工夫されててよい感じでした。中国とは思えない観光客の少なさだったし。

 

博物館を出てから、またもうひとつ有名な洞窟、山頂洞を見学しました。ここからも、頭蓋骨が発見されたようですね。

f:id:s_iidada:20121118114558j:plain

こうゆう洞窟で人類の祖先が暮らしていたんだね。

 

北京原人の洞窟は、よく残念スポットと聞くけれど、我の興味にはとてもよく合致した、ナイスな遺跡でした!

f:id:s_iidada:20121118120521j:plain

また来ることはないかもしれんけど、北京原人よ、再見!!