読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぎ子のブログ

congzi's blog

虹口 ~旧日本租界と魯迅~

連休最終日も街へ繰り出します。虹口と呼ばれる、旧日本租界エリアへ。第二次大戦中はここに10万人もの日本人が住んでいたのだそう。

 

今は魯迅を中心とした、中国文豪たちのゆかりの地となっています。地下鉄をおりると早速魯迅公園の入口が。もともとは違う名前の公園だったけど、晩年の魯迅がよく散歩していたので、「魯迅公園」と改名されたそうです。小さい遊園地とかついてて、なんだか上野公園を彷彿とさせます。

f:id:s_iidada:20130612135640j:plain

公園の奥の方に魯迅の像を発見しました。この銅像は魯迅生誕80周年記念に建てられたもの。お墓は後ろにあります。

f:id:s_iidada:20130612135859j:plain

見にくいけど金文字で壁に「魯迅先生の墓」と書かれていて、これは毛沢東の直筆だそうです。それにしても、お墓の前の広場では皆様思い思いの活動に励んでますねぇ。今までみてきたお洒落スポットとか中心地に比べると、かなり上海庶民の暮らしが見えるエリアでした。

さらに公園の中には、魯迅記念館もあります。

f:id:s_iidada:20130612140826j:plain

入館無料だけどチケットもらえます。北京でも魯迅記念館いったけど、ここはもっと大きくて展示も立派です。魯迅の生涯と作品と、中国の歴史を絡めた展示になってます。

f:id:s_iidada:20130612142506j:plain

中はこんな感じ。書物が多すぎるので、写真を見ながらさくさくと見学。途中で中庭みたいなスペースを発見。草花で魯迅の顔を作ってます!おしゃれではないか。

f:id:s_iidada:20130612142818j:plain

正面に鏡があったので、反射させてにっこりパチリ。しかし後々気が付いたのは…これ、実はマジックミラーだったのです。中庭からは鏡に見えるけど、実は外からはガラス…つまり…

f:id:s_iidada:20130612143528j:plain

こうゆうこと。これエントランスです。つまり、我がこのガラスの向こう側で、ニッコリ笑ってたというわけ。気が付くととても恥ずかしかったです。ま、おしゃれな作りよね。

魯迅の言葉って、けっこう胸にささる表現もありました。来てよかったです。

 

さて、ここから次は内山書店跡地を目指して歩きました。内山書店っていうのは、日本人の内山完造さんがここで開いた本屋さん。詳しい説明の前に、まず遅めのランチ。

f:id:s_iidada:20130612150639j:plain

ちょうど内山書店の前に、ガイドブックに出てた焼き小龍包屋さんを発見。こんなシャビーな感じでよくガイドブックに載ったわね…と思いました。

f:id:s_iidada:20130612150104j:plain

小龍包のお味はまぁまぁです。作ってるところも見られて面白かったな。4個で5元、つまり100円未満。安いよね~。

 

食べ終わったら内山書店を見学。今は建物の1階は中国工商銀行になってて、観光できたのは2階だけでした。

f:id:s_iidada:20130612153355j:plain

内山さんは、中国の革命家の作家たちの作品をたくさん並べ、その作家たちとの親交もとても厚かった人だそうです。ここはサロンの役割を果たす本屋さんだったんだね。魯迅も捕まりそうになったときに内山さん名義で借りたアパートとかに身をひそめていたくらい、深い付合いだったのです。ここで日本人の活動の功績を見られるとは思ってもみませんでした。

 

内山書店からまた歩くと、多倫路文化名人街、という名前の付けられた通りに入れます。

f:id:s_iidada:20130612154653j:plain

1920~1930年代にこの地にはたくさんの文化人が暮らしていたということで、当時の街並みを再現してあるストリートです。通りには文化人の銅像なんかもあるし、建物も洋風のものがあったり、けっこう面白いです。きちんと整備されているけど、そこまで商業化しすぎているわけでもない。

f:id:s_iidada:20130612155037j:plain

普通に人が暮らしているので、洗濯物が突き出てたりします。さらにこの通りから1本横のほそ~い通りを覗き込むと、一般人の暮らしぶりがもっと分かります。

f:id:s_iidada:20130612155152j:plain

このおばあちゃんの後ろ姿がなんだか1930年代を感じさせてくれました。レトロな雰囲気満載のこの地で、たくさん結婚式の写真をとっている人たちがいました。我が行きたいと思っていたカフェの前でも撮影中。

f:id:s_iidada:20130612155506j:plain

なんか入りづらくって、ここはパスすることに。さらにお散歩。途中、和服の銅像を発見。あれ、この方誰でしょう、と思ったら、内山書店の内山さんの銅像でした。

f:id:s_iidada:20130612155952j:plain

さらに、中国の西洋の折衷みたいな不思議な教会らしき建物も発見。チャイナ色のあふれる教会です。

f:id:s_iidada:20130612160136j:plain

そして、せっかく文化人の暮らした通りにきたのだし、ということでストリート終盤で滑り込みカフェ。優雅にテラス席でアイスコーヒーを頂きながら読書です。でも、実際は虫が飛んでてあまり集中できんかったな。

f:id:s_iidada:20130612160940j:plain

この地にふさわしく小説でも読めばよかったんだが、なぜか日中関係の本を読みました。ははは。

ゆったり2時間弱居座ったあと、最寄駅へ。魯迅公園の駅からまる1駅分歩いて南下してきました。上海は、地下鉄の駅間も歩けちゃうのね。

 

さて、ホテルのある中心街、人民広場へ戻ったところで夕食前にひとつ博物館へ。

マダムタッソーの蝋人形館という、ロンドン本拠地の蝋人形館です。上海には2006年にできたようね。百貨店の上の1フロアを使ってたくさん蝋人形が飾られていました。因みに連休中ずっと一人で自由に歩き回ってたけど、この蝋人形館からは友人と2人に。こうゆう博物館は一緒にワイワイできる人といくのが楽しいからね。

似てるの似てないのイロイロだったけど、とにかく有名人と記念撮影です~。

 

・withジュリアロバーツ(まぁまぁ似ている)

f:id:s_iidada:20130612182135j:plain

 

・withトムクルーズ(身長低めがリアルな感じ)

f:id:s_iidada:20130612182213j:plain

 

・withニコールキッドマン(ひょえ~驚愕のプロポーション。並びたくない)

f:id:s_iidada:20130612182337j:plain

 

・ヤオミン(2m30cmは同じ人類と思えない高さだった…)

f:id:s_iidada:20130612184331j:plain

 

・withブラピ(本人より若づくり。かっこいい)

f:id:s_iidada:20130612184736j:plain

 

とりを飾るのは、やはりこの人。ティファニーで朝食を召し上がっておりました。

f:id:s_iidada:20130612184848j:plain

顔ちっちゃい。美しいね。

 

近くのビルのフードコートで夜ごはん食べて、3日間が無事に終了しました。

観光するところないよ~と言われる上海だけど、まだまだ見るところ、面白いところはいっぱいあると思うんよね。そうゆう可能性に気が付けた3日間でした!