読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぎ子のブログ

congzi's blog

水郷を訪ねて ~朱家角~

さて、先週末に訪れた水郷の記録をしておきましょう。

上海から高速バスに乗ること1時間、西に約50キロ離れた水郷にあっという間にたどり着きました。なんとこの小さな水郷の街が築かれたのは1700年も前。f:id:s_iidada:20130706151159j:plain駅前は三輪車の勧誘がすごかった。ことごとく無視して歩いて水郷の中心地へ向かいます。観光案内所で街中の観光スポット共通券を購入し、いざ水郷へ。

まずは北大街にて朝ご飯。寝坊したため飲まず食わずで出てきてしもたので、早速食べる。チマキです~肉が入っててすごく美味しかった!

f:id:s_iidada:20130706113839j:plain

他にもこんなふうに、肉をたれに漬けたものをたくさん売ってます。何ていうんだろう、味が濃そうでちょっとためす勇気なし。

f:id:s_iidada:20130706121348j:plain

道を間違えて最初に訪れたのは泰安橋という小さな橋。THE水郷という風景を見られました。前回行った七宝より、かなり風情ある。

f:id:s_iidada:20130706114053j:plainいいですねぇ。時間が流れるのがゆっくりに感じます。思わずたたずんで川を眺める。実際は立ち止まると汗がとまらんけど。

そしてアイスクリームを食べて暑さを緩和したら、この水郷で一番有名な観光スポットへ。その名も放生橋。昔、この橋の下では魚をとっちゃいけなくて、でも放流だけはできたからこの名前だそう。ガイドブックには、放流用の金魚売ってるって書いてあったからやりたかったんだけど、見つけられませんでした。

f:id:s_iidada:20130706115049j:plain

橋に登る階段。細かく刻んできますねぇ。余談だが、中国人は、暑いととりあえずおなかまでTシャツをめくる。そして耐えられなくなると脱ぎ捨てる。この写真からも読み取れますね~。

f:id:s_iidada:20130706121222j:plain

着きました~。奥のほうはかなり川幅が広がっています。船が走ってたり、川床みたいな感じでお店が出てたり、よい感じ。

ガイドマップに沿ってさらに北へ歩いていくと、今度は急に川幅が狭まる。それもまた水郷っぽくてよい。

f:id:s_iidada:20130706121743j:plain

この近くで課植園という庭園を見学。東西で課園と植園に分かれている、と書いてあったけど、よくわからんかったな。庭園でいえば豫園とかのほうがずっとよかったというのが正直な感想。

そしてここから我も船に乗りました!

f:id:s_iidada:20130706123945j:plain船頭さんに場所を伝えると、友達と我の2人で貸切で乗れました!わーい。こんなに暑いのに、やはり船にのると水が近くて、風も切るし、涼しく感じます。

そして南に下っていくと、さきほどのぼった放生橋が見えます。

f:id:s_iidada:20130706124452j:plain

なななんだか、こうやってみると心もとない。真ん中の部分、ぽっきりいきそうに見える。大丈夫かしら。そして、なぜか目的地手前で船をおろされる。なぜだ。暑い中歩きます。

f:id:s_iidada:20130706125259j:plain

他にもいろんな橋があります。こちらは屋根付きタイプ。廊橋と呼ばれる唯一の木造の橋。この橋も船でくぐってみたかったなぁ。

そしてたどり着いた目的地がこちら。大清郵局という、清の時代に建てられた、上海で唯一残される清代の郵便局。

f:id:s_iidada:20130706130613j:plain

中はちょっとおされな造りの博物館になっていて、中国の郵便の歴史なんかが分かります。何か記念品とか売ってればよかったな。

さて、どんどんいきます。次は人文芸術館。

f:id:s_iidada:20130706131940j:plain

ここも新しくて綺麗な美術館、思ったよりよかった!この水郷での人々の暮らしぶりとか伝統行事が描かれた絵がたくさん飾ってあります。ここに来るまでに見てきた橋の風景とかたくさんあって、プチ復習にもなりました。絵自体は新しいけど、なかなかよかったよ。見学者は我ら2人のみ。なんだかもったいないな…

博物館の前にこんな銅像が。

f:id:s_iidada:20130706133513j:plain

誰だか存じませんが、ツーショット頂きました。説明が書いてあったんだけどなぁ、忘れちゃった。お医者さんだったかしら。

で、このあと昔の薬局を見学したらちょうどお昼時に。てなわけで、川沿いのいい感じのお店で地元のお料理を頂きました。

f:id:s_iidada:20130706140432j:plain

海老。足がなが~い海老。他にもお魚とかここの特産の漬物みたいのとか食べて、満足満足。

 

帰りのバスも渋滞なしだったし、まぁ1時間中国人の中でちょっと狭いバスに揺られるのが問題なければ(クーラーはついてるよ!)、かなりお勧めのスポットです。

都会から離れてとっても良い時間を過ごせました。